3月の予定UPしました。

三寒四温。冷えたり、ゆるんだりを繰り返しながら、いよいよ2017年の春が

始動しています!凍み大根、凍み餅が出来上がり、

味噌づくりは佳境!冬の手仕事も終盤のこの頃です。

出来上がった凍み大根と凍み餅。

出来上がった凍み大根と凍み餅。

軒下で干されている凍み大根。奥は凍み餅。

軒下で干されている凍み大根。奥は凍み餅。

塩と合わせた麹に茹でてすりつぶした大づを入れて。

塩と合わせた麹に茹でてすりつぶした大づを入れて。

仕込み終わった味噌。出来上がりは1年後です。

仕込み終わった味噌。出来上がりは1年後です。

 さて3月の予定をUPいたしました。新しい企画の温泉マルシェでは

文章や朗読でリラックスしてみようという試み、

里山ごはん~では恒例のばっけ味噌作りで春の恵みを料理したりと、

季節を楽しむプログラムを企画いたしました。

早春をたっぷり味わうひとときをどうぞご一緒に過ごしませんか?

・3/4(土)~5(日)温泉マルシェ「書いて、読んで、聞く湯治①」

・3/11(土)12(日)、18(土)、19(日)、20(月・祝)、

25(土)、26(日)、27(月・祝)・・・・里山カフェ

・3/30(木)里山ごはん食べに行こう「ばっけ味噌作り」

・3/31(金)五感を呼び覚ます森歩き㉗

         「春の1歩!七ツ森カジュアルトレッキング」

 

 

春の足音

三寒四温。

立春を過ぎてまだまだ寒いが、時々日中の気温が10度位に上がる日も

出て来た。一般的には『は~や~くあたたかくなぁれ♪』というところ

だろうが、大の冬好きの私的には複雑な時期です(笑)

雪が音を吸い込む静かな冬の夜、ストーヴにかけたヤカンの湯気

がある景色は格別です。

作業もまだ途中。1月に仕込んだ凍み大根がボツボツ完成し始めて

いますが、最後に仕込んだ凍み大根の水分がまだ抜けていない。

出来上がってきた凍み大根、3月里山カフェのメニューで登場予定です。

出来上がってきた凍み大根、3月里山カフェのメニューで登場予定です。

気温が上がると途端にカビが生えてしまうのです。

まだまだ作りたい気持ちをグッと抑え、まだ白い『大根の顔』を

しているコ達を見守る日々(笑)どうか水分が抜けるまで温度が

上がりすぎませんように。ちなみに干して間もない状態は下記の感じ。

写真の様子からはおよそ冬真っ盛りという雰囲気ですが(笑)

朝、明るくなるのがぐんと早くなり、風の雰囲気もやわらかくなって。

確実に春のムードを感じるこのごろです。

そんな中、3/4,5「温泉マルシェ」の打ち合わせを兼ね、

ナビゲーターの長谷川ちえさんに会いに福島 三春町へ移転した

in-kyoさんへ行ってきました。

備品や内装は東京・蔵前と同じなのに床材があたたかな木材になられたせいか

とてもやわらかな雰囲気。かわらぬ笑顔で淹れてくださった熱いCoffeeを

すすれば途端にほっこり(笑) 

不思議だなぁ。ちえさんのCoffeeのマジックだなぁ(笑)

快晴に恵まれ、明るい店内でひとときのんびり。

目の前の通りをバスが停まって、また走りだして。

買い物かごを持った人々が行きかう景色。

あー、こんな時間どれくらいぶりだろう。

様々の作業で、普段なかなか鳴子を離れられないけれど思い切って

出かけて良かった、初めて訪れた三春町、優しいちえさんと共になんだか

とても馴染んで見えました。

3/4,5の「読んで、書いて、聞く湯治」は

そんなちえさんと朗読家、岡安圭子さんをナビゲーターに迎える新企画。

参加者の皆様にそれぞれお好きな本を持参いただいて紹介し合ったり、

岡安さんセレクトの季節に合った本の朗読を聞いたり。

感じたことをしたためる手習いをしたり。

「文字」を真ん中にしてリラックスしてみようというWSです。

したためていただいた文字は小さな「本」に仕上げる予定。

当日の雰囲気の中で、さてどんな言葉があふれて、感じられてくるでしょう?

お知らせ、あれこれ。

たいへん遅れてしまいましたが、2月のスケジュールを『プログラム予定』

にUPさせていただきました。2月は恒例の味噌作りや雪遊びに加えて

幻燈を楽しむ会も初開催いたします。

今年の立春は2/4(土)、また新しい1年が始まりますね。

いつもは立春過ぎに啼き始める鳥たちが、今年は1月下旬に

さえずり始めました。今年は春の訪れが早いかもしれません。

そしてお知らせもうひとつ。

3月の温泉マルシェで新しいシリーズが始まります。

本や言葉、音をテーマにリラックスしようという『書いて、読んで、聞く湯治』

東京・蔵前でのプログラム開催でお世話になったin-kyo店主、エッセイストの

長谷川ちえさん、朗読家 岡安圭子さんをナビゲーターにお迎えして

朗読を聞いて、文字を読んで、書いてアウトプットしてみる・・・という

WSを行います。ちえさんの淹れてくださるコーヒーは、そのお人柄そのままに

あたたかく、ほっこりな気分になりますよ。

まだまだ寒い日が続きますが、冬から早春へ。

小さな春の息吹を感じながらの鳴子のひとときでどうぞゆっくりなさってください。

【2月予定】

2/4(土)5(日)里山カフェ(HP: http://satoyama-cafe.jimdo.com/)

2/11(土)12(日)里山ごはん食べに行こう『手作り味噌に挑戦しよう!』

                    ※両日とも同じ内容です。

2/18(土)冬遊び!さとのわのスキー教室。

2/19(日)冬遊び!スノーシューで行くスノートレッキング

2/24(金)~26(日)里山カフェ(HP 同上)

2/25(土)冬の夜会、幻燈を楽しむ

今月は豆おふかしと熱々の粕汁です。

今月は豆おふかしと熱々の粕汁です。

味噌作りはお子様も楽しめますよ、ぜひご一緒にどうぞ!

味噌作りはお子様も楽しめますよ、ぜひご一緒にどうぞ!

スキー指導は今年も遊佐文博さんと加藤久さん。

スキー指導は今年も遊佐文博さんと加藤久さん。

スノートレッキングでは動物になった気分を味わえますよ!

スノートレッキングでは動物になった気分を味わえますよ!

トレッキングの途中で見つけたキツツキの開けた穴!

トレッキングの途中で見つけたキツツキの開けた穴!

 

 

今週末はカフェ営業いたします!

今週末、1/21(土)、22(日)は里山カフェ営業いたします!

今回も旬の鱈を熱々の鍋にして召上っていただきます。

おやつはみかんのジャムをたっぷり乗せたホワイトチョコのレアチーズケーキ、

玄米餅と白餅のお汁粉が初お目見え。あたたかいコーヒーや古代米茶と一緒に

どうぞ。

年末年始、雪が無い鳴子でしたが、先日の寒波で降雪し、いまは例年通り

白い世界がご覧いただけますよ!スキー場も全面滑走可能、スキー、温泉に

お出掛けになられながらどうぞお立ち寄りくださいませ。

1/21(土)22(日)11:30~15:30(15:00ラストオーダー)

各日15食程度の用意となりますのでグループなどでお越しになられる場合は

ご予約が確実です(090-1772-1949まで)

なおお越しの際は必ずスノータイヤを装着の上、おいでくださいますよう

お願い申し上げます。地図など詳細は下記HPをご覧ください。

里山カフェHP

https://satoyama-cafe.jimdo.com/

たら鍋

たら鍋

ホワイトチョコのレアチーズケーキ

ホワイトチョコのレアチーズケーキ

お知らせがたくさん溜まってしまいました!

モーレツにバタバタしている間にお知らせがたくさんたまってしまいました、

毎度UPおが遅くなりたいへん申し訳ございません、、、(猛省)

色づいた葉がキレイだなぁと言ってる間に、落葉、12月に入ってからは

チラホラ雪が降り始めました、星空がとてもキレイ!

いよいよ本格的な冬が始まります。

干し柿も充分なシワシワ具合になって吊るし棒から降ろしました、

そろそろ凍み大根の仕込みの時期です。昨年の12月はあたたかくて

12月の仕込み分はカビが生えたりとたくさんダメにしてしまいました。

今年は気温を見計らいながら丁寧にやらねば。

①さてお知らせその1です。今年、手探りしながら藁細工に初挑戦いたしました。

年末の今はしめ飾り。大きさもバラバラですが、鳴子の稲わらを使った手作りです。

里山カフェ時、来週に尿前の古民家「大家」で展示・販売いたしますので

よろしければぜひご覧くださいませ。(カフェのご利用無しでも全然大丈夫です)

展示・販売日程:

12/23(金)~25(日)11:30~15:30、

12/26(月)~29(木)10:00~16:00

12/30(金)31(土) 11:00~14:30

会場:鳴子温泉 尿前の関 古民家「大家」

②お知らせその2. 今週末と30,31日の里山カフェは、材料の関係で要予約

とさせていただいております。ご不便をおかけして誠に申し訳ありませんが

お越しの際は事前にご連絡いただけますようお願い申し上げます。

・本HPのお問合せフォームよりメール送信

・里山カフェHPよりメール送信

http://satoyama-cafe.jimdo.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%81%9B/

・お電話090-1772-1949へ直接ご連絡。

③おしらせその3・

来年の1~3月、毎月1回づつ温泉マルシェを開催いたします。内容は

各回異なりますが、テーマは同じで「静かな冬から初春の時期に

思いっきり心身をリラックスさせませんか?」です。具体的には

・1/27(金)~29(日)「お手当て湯治②」

・2/11(土)12(日)「冷えとり湯治⑮」

・3/4(土)5(日)「読んで・話して・聞く湯治①」

となります。1月は今年好評をいただいたセラピスト、香川夏未さんのワークショップを

豪華2泊3日で。2月の冷え取り湯治はもう15回目となりました。足元を温めて

血流を良くし、免疫力をUPさせて病気になりにくい体を作ろうという健康法の

体験WSjです。3月は新企画。今年東京から福島・三春町に引っ越された

in-kyo 長谷川ちえさん、朗読家 岡安圭子さんをお迎えして

読む、書く、そして聞くということを通じたリラクゼーションのワークショップです。

第1弾、1月の内容が下記にまとまりましたのでお知らせいたします。

香川さんのお人柄そのままにとてもとてもたおやかなひとときとなりますので

皆様のご参加をお待ちしております!

【自分を癒す、大切な人を癒す「お手あて湯治②」】

のんびり温泉に入りながら、さまざまのワークショップを通じて

心身をリラックスさせることを提案している「温泉マルシェ」。

歴史ある湯治場・鳴子温泉郷で体験する”色々な湯治スタイルの市場”です。

2017年は昨年好評いただいた香川夏未さんのワークショップでスタート!

今回は2泊3日のプログラムで企画いたしました。以前よりもよりゆったり、

のんびりと雪の降る温泉宿で温泉に浸かりながらからだとこころを

ほぐしませんか?このプログラムの特徴は、温泉とセラピーで

ゆっくりからだを休めつつ、その日から使える「お手あて」講座があること。

温泉に入り、美味しいごはんを食べてまたいつもの生活に戻っていく、、、

ではありません。ワークショップで普段のあなたのからだとこころの

ほぐし方を知り、まるで温泉に浸かったようなリラックス感を

お家でも再現出来るよう「お手あて」を学んでいただけます。

お手あてのベースになるのは「クラニオセイクラル」というもので、

頭蓋骨仙骨療法とも言われる優しいタッチングによって

からだの深いレベルからストレスを解放してからだが本来持っている

リズムを回復させ自然治癒力を整えるというもの。

マッサージのように力も要らず、道具も要らない。

ただ手をあてるだけでからだが変わっていく不思議なセラピーです。

「学び」と言っても堅苦しいものではありません。誰にでも出来て、

すぐに効果を実感できるものを選んでご参加の皆さんにお伝えいただきます。

頭を使うのではなく”感覚的に”覚えられますよ。湯治場で癒され、家に帰ったとき、

新しい目で自分と身近な人を見つめいつもより大切に思える・・・。

そんな「癒し」に満ちた時間を鳴子温泉で過ごしませんか?

◎日時:2016年1月27(金)~29(日)   

【主催・会場】鳴子温泉郷 川渡温泉 宿みやま本館(http://www.yado-miyama.com/)

   (大崎市鳴子温泉字要害91 0229-84-7641)         

◎ナビゲーター:てあてやcokiu 香川 夏未さん(http://cokiu.blog.fc2.com/)         

【セラピストプロフィール】

てあてやcokiu 香川夏未 セラピスト、看護師 

  看護師として働きながら自宅サロンにてクラニオセイクラルセラピーを行い、

  からだとこころのすこやかさを保つケアを提供する。活動範囲は

  主に東京都内、時々全国各地。季節のめぐり、月の満ち欠けなど

  生きものが持つリズムを意識したケアにも注目しセラピーに取り入れている。

◎参加費:

①宿泊プラン ¥32000(税込、2泊5食付、WS参加費、クラニオセイクラルセラピー代含む)

②日帰りプラン:1/28(土)のみ¥8000(昼食付、午前、午後2回のワークショップ参加費含む)

③ワークショップのみ:1/28(土)のみ、¥3500(1回)

【お問合せ・お申し込み】さとのわHP(www.satonowa.com)お問合せフォームからメール送信、

   またはお電話にて(090-1772-1949)

《企画・運営》 ”里山とまちをむすぶ” さとのわ

【スケジュール】     

《1/27(金)》 

12:30宿 みやまさんに集合 チェックイン後カルテ記入 

13:00温泉入浴  

 ~自由時間~ 

18:00夕食準備 

 ※旬の食材を使った里山料理を皆で簡単に仕上げる自炊形式となります。

19:00夕食準備 

20:30~21:00  終了 ケアにも注目しセラピーに取り入れている。

《1/28(土)》   

7:00朝食準備   

8:00朝食   

10:00ワークショップ①自分へのお手あて、からだの使い方。 

12:30昼食  

13:45ワークショップ②身近な人へのお手あて法   

 ~休憩~   

16:30終了   

18:00夕食準備   

19:00夕食   

20:30頃終了   

《1/29(日)》   

7:00朝食準備   

8:00朝食   

10:00ワークショップ③季節に合わせたケア方法   

12:00終了   

 

 

 

 

明日25(金)~27(日)は里山カフェやります!

紅葉も終わり、いよいよ冬支度の時期となりました。

曇りの日は時々チラホラと風花が舞い、白鳥も飛来し始めました。

12月に入ったら第1弾の雪がやって来るかな?

そんなこれからの寒い時期はやはり体をあたためることが大事ですね。

「風邪は万病の元」と言いますが、風邪の原因は「冷え」です。

温泉で芯まであたたまって、あたたかい食事でほっこり。

せわしい12月に向けて冬の湯治場でどうぞ充電なさってくださいね。

里山カフェでは今週末も熱々の湯豆腐を用意してお待ちしております。

11/25(金)~27(日) 11:30~15:30(15:00ラストオーダー)

日本酒の会、終了しました。

11/19(土)、期せずして小春日和となった晩秋の夜、綿屋の三浦社長を

迎えての日本酒の会を行いました。酒米はすべて契約栽培、

仕込み水も引き込んで作るこだわりの酒。誠実に。ブレずに。

そうやって取り組む酒造りにはどんな意味があるのか?どうして

そんなにこだわるのか?強さと優しさと静かさを携える三浦さんのお話しは

深く、圧倒的な説得力でした。囲炉裏を囲み数時間、皆の顔は

みるみるほころんでいきます。お酒は偉大だ~(笑)

ご参加いただきました皆様、本当にどうもありがとうございました!

三浦さんとのお酒の会、来年度も続きます。

注連縄作りへの道②

8月から具体的に動き出した注連縄作りへの道(・・・大げさですね・笑)

素人にはやはりかなり難易度が高い工程です。

稲がまだ青いうちに刈り取って乾かして保存、その後、ゴミや節を

取り除いてパーツ分け。・・・・・これがものすごく時間がかかる。

そしてあたりが藁だらけに・・。

綯う練習。

藁束を水で濡らして木槌でトントン。綯いやすいように

柔らかくします。2本取り、3本取り・・・綯い方は色々あるなぁ。

やろうと思えばいろいろなカタチを作ることが出来るんだなぁ。

昔はどこの家でも作っていたという藁細工。

藁細工を作る=お米を作っている証だと地元の方が教えて下さった。

米作りも担い手不足で年々作り手が減っているが、縄綯いは、さらに深刻で

もうほんの数人しか綯う事が出来ない状況になってしまっている。

ものすごく手間がかかる藁細工・・・少しはキレイなカタチを作れるように

なるのかな?私達は何のために取り組んでいるのかな?

その答えを探すために今はただ懸命に作業を重ねています。