Back to All Events

和菓子を嗜む会①


毎回、季節や時期に合わせた食の提案をしている「里山ごはん食べに行こう」に

新企画の登場です!テーマは和菓子。例えば桜餅が店頭に並ぶと春を感じ、花の散る頃

には桜餅も姿を消すように、和菓子は私達に季節を連れて来てくれます。もともと

日本で収穫された小豆、米粉、砂糖など、シンプルな材料で作られて来た歴史を持ち、

四季のある独自の風土、文化と共に紡がれて来た和菓子。私たちのライフスタイルも

様々になった今だからこそ、そんな奥深くも美味しい文化に親しみ、味わう時間は

いかがですか?ナビゲーター、原畑さんが案内くださるたおやかなひととき。第1回目

のテーマは「餡子」です。昔はどの家でも作られていた餡子、和菓子においては基本中の

基本ですね。小豆餡、白餡などたくさんの種類がありますが、今回はそんな餡子たっぷり、

茶席の主菓子の代表格「ねりきり」の生地で作る「紫陽花」と「青梅」をじっくり

味わっていただきます。鮮やかな新緑の里山を味わう和菓子の魅力をご一緒にどうぞ!

●日時:2016年6月4日(土)13:00~16:00頃

●ナビゲーター:和菓子作り手 原畑 えみさん

短大卒業後、管理栄養士として勤務後、現在は月に数度クリニックで食事相談の業務に携わる。

餡子が好きで、10年前から和菓子を学び始め、和菓子のあとりえ(東京)宮澤裕道氏に師事、現在に至る。

 今年から講師として正式にデビュー、和菓子教室開設に向け準備中。 

●参加費:お一人¥4000(和菓子、古代米茶のお土産付き)※6/2までにお申し込みください。