Back to All Events

「日本酒を知る・学ぶ・楽しむ会②」

●日時:2017年6月10日(土)18~20:30頃

●会場:鳴子温泉 尿前の関「大家」(大崎市鳴子温泉字尿前140番地)  

●ナビゲーター:金の井酒造㈱代表取締役社長 三浦 幹典さん

 ●ゲスト:有り  

●参加費 お一人¥3500(綿屋試飲代含、軽食付き)

(※アルコールの提供が含まれます、お酒をお飲みの方は、

お車の運転をご遠慮くださいますようお願い申し上げます。)

米と水と麹で作られる日本酒。

蒸した酒米にミリグラム単位で振り入れられる麹菌、

そうして出来た麹で作るお酒のもとになる酒母をもとにして

発酵の過程へ。宮城にはそうした工程を人の手によって作っている酒蔵が

あります。栗原市一迫にある金の井酒造もそのひとつ。

蔵元の三浦さんはこだわります。水に原料にとことんこだわります。

数百メートル先からわざわざ水をひき、自ら原料の作付まで行い、

完全買い取りを続けられ生産量である石高は限定量、

そんな風に「綿屋」という酒は造られています。昨年秋に引き続き、

日本が誇る伝統の手仕事、日本酒を知り、綿屋をとことん味わう会を行います。

今回は「そもそもお酒ってどうやって作るの?」や吟醸酒、純米酒などお酒の

種別など、お酒の成り立ちなどを今一度学びながら、

綿屋の新酒をたっぷり味わいましょう!

「里山カフェ」特製、旬の食材を使ってこの日だけのお惣菜やオードブルがお供です!

金の井酒造社長 三浦幹典さん

金の井酒造社長 三浦幹典さん

Earlier Event: June 9
里山カフェ・6月
Later Event: June 16
里山カフェ・6月