Back to All Events

幻燈会・夏編「銀河鉄道の夜」

「”銀河ステーション、銀河ステーション” 気が付いてみると、

さっきからごとごとごとごと、ジョバンニの乗っている小さな列車が

走りつづけていたのでした。」

夏の夜空いっぱいに広がる星座を舞台にした童話「銀河鉄道の夜」。

今年2月開催の「雪わたり」に続く幻燈会の2回目はこの名作が演目です。

ナビゲーター、高橋佳弘さんは、『賢治の精神を大事にし、

次の時代へ語り継いでいってほしい』と宮沢賢治童話でおなじみ

版画家・佐藤国男さんから原画フィルムを託されました。隅々にまで

細かく絵柄が彫られたその原画はうっとりする美しさ。

古い幻燈機材が”ジー、ガシャ、ジー、ガシャ”と1枚1枚映し出す様子は

夢の世界のよう。真夏の夜のひととき、一緒に夜空をめぐりませんか?

●日時:2017年8月19日(土)18:30~20:30頃

 ※幻燈のスタートは19:30頃の予定です。

●ナビゲーター:幻燈師 高橋佳弘さん ゲスト:今野七重さん、他

●木戸銭:¥2000(1ドリンク、軽食付)

 (※ドリンク、軽食無しで幻燈鑑賞のみは¥1000)

●会場:鳴子温泉 尿前の関 古民家「大家」(大崎市鳴子温泉字尿前140番地)

【お問合せ・お申し込み】

さとのわHP(www.satonowa.com)、お問合せフォームからメール送信、

またはお電話にて(090-1772-1949)。たくさんのご参加お待ちしております!

Earlier Event: August 18
里山カフェ・8月